2018年 09月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
休業日


2018年 10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
休業日
 

ショップコンセプト

「価値ある本物」を暮らしの中に
ものが溢れる現代。そのほとんどは「本物」とはかけ離れている

「K.TURA」(ケ・トゥーラ)は、イタリア語で「塗る」という意味を持つ「tura」と、「栗原木工所」の頭文字である「k」を組み合わせた造語です。
今の世の中は、実に多くのもので溢れ返っています。テーブルやラックなどの家具も、大手家具店に行けば豊富な種類が揃います。しかし、私たちからすると、残念ながらそのほとんどが「本物」とはかけ離れたクオリティであると感じてなりません。

ものが溢れる現代で「他では手に入らないものが欲しい」「すでに出回っているものは欲しくない」…そう考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。私たち塗りの世界でも、同じことがいえます。「会津塗り」や「輪島塗り」は日本の伝統工芸ですが、ただ赤や黒の塗料を使用しただけのもの、金箔を貼っただけのものならばすでに存在しますし、そこに希少性はありません。

私たちは「世の中にまだ存在しないもの」を生み出すため、従来の塗りの世界では考えられなかった斬新な商品の創造に、積極的に取り組んできました。

ハイレベルな「塗り」の技術で、インテリアに最上級の価値を

そんな中、「私たちにしかできないことは何だろう?」そう考えた時、専務である私が20代の頃に独学で取り組み始め、試行錯誤を繰り返して極めた独自の「塗り」の技術と、100年以上の歴史を持つ「木工加工」の技術を組み合わせたインテリア雑貨の自社ブランドを立ち上げ、お客様のもとへお届けしたいと考えました。そうして生まれたのが「K.TURA」です。

特に「塗り」の技術では、私たちの右に出る者はいないという揺るぎない誇りがあります。「かつてない鏡面塗装」で、ものが歪まずに映る鏡面塗装を実現。塗料、塗装工程、使用ツールに至るまで、他では決して真似できないハイレベルな要素を揃えた結果、最上級の本物の商品だけをお客様に提供することができるのです。

K.TURAのある上質な暮らし

「K.TURA」では、商品デザイン、木工加工、塗り、組み立てまでを全て自社で行います。メーカーを通さず全商品を社内で生産するため、本来よりもリーズナブルなお値段でご提供できるのも特徴です。K.TURAの商品は一般的な家具と比べれば決して安いものではございませんが、ハイクオリティな商品のご提供と、長きにわたる高い満足度をお約束します。

自社の商品を通じて「本物の価値」をお客様に知って頂き、K.TURAを世の中に浸透させることが私たちの夢であり、理想です。「ありきたりな家具ではつまらない」「見せかけではない本物を手に入れたい」…そう考えるお客様にはぜひ、K.TURAの商品を暮らしの中に取り入れて頂きたいと考えております。

「K.TURAのある上質な暮らし」の中で至福の時間を過ごすお客様の笑顔を思い浮かべ、私たちは本物を生み出し続けていきます。

栗原木工所 専務取締役 栗原 章人

ページトップへ